資生堂 dプログラム マスクQQの口コミ

→資生堂 dプログラム マスクQQの詳細はこちら

乾燥が気になる季節がやってきます。

自宅で、ほうれい線、しわのケアをするんだ!とコスメ、サプリをお試ししていますが、やはり冬の乾燥対策に、スペシャルケアが必要かと。
「ほうれい線やしわのできにくい肌」にお肌を変えていく努力をしつつも、緊急避難的に、乾燥によってできてしまう小じわに対応をするのですヾ( ̄◇ ̄)ノ◇”

そこで、チョイスをしたのが「資生堂 dプログラム マスクQQ」。
資生堂さんの敏感肌用美容液と、マスク(保湿パック)がセットになった商品です。

保湿ケアで、小じわを消してしまえ!と、お試ししました。

資生堂 dプログラム マスクqq
マスクは、1枚1枚個別包装されており、敏感肌用美容液が、使い切りサイズでついてきます。
マスクのはいっているパッケージをぴぴっとあけて、美容液(敏感肌用美容液)を注ぎ込みます。

以前に使っていた無印商品のパックだと、小さなキューブ状に縮こまったシートにを化粧水のフタにいれ、化粧水を注ぎました。
パックが化粧水を吸い込むのをじっと待って、パックを破れないように細心の注意を払いながら開く、という根気を要する作業が必要でした┐( ̄ー ̄)┌

ところが、資生堂 dプログラムさ「マスクQQ」だと、包装されていたパッケージをそのまま、ローション浸透用に使うので、他に容器がいらず、手間がかからず大変便利です。

▼さっそく、お顔に敏感肌用「保湿マスクQQ」をはってみた
資生堂 dプログラム マスクqq
管理人が、乾燥している!と気になるは、目と目尻なのですが。。。肝心な部分に、マスクが届きません(ノ_・。)

資生堂さんの説明書を読むと「まぶたや目のまわりの乾燥が気になる時は、目の部分を持上げて貼ることをおすすめします」と、ちゃんと書いてありました。

指示に従い(汗)目の部分を閉じ、待つこと約3分、ひとまず、目の部分をあけ、乾燥してマスクが落ちてくるまで約20分ほどそのまま放置しました。
さらに、保湿マスクで、デコルテや腕、足などにも触れ、美容液を浸透させました。 そのだけ、美容液がたっぷりはいっているのです♪

資生堂の保湿パックをはがすと、肌がしっとりしています。でも、油っぽかったり、べとついた感じはしないのです。
自分の触り心地がたいへんよいので、よくよく考えると、お肌のキメもふんわり整っているみたいです。

「敏感肌用」というと、何か効果の薄いもののように感じてしまいますが、ぷるぷるに潤っています

この保湿パックは、1回あたり約525円(4回分で2,100円)で、目玉がでるほどお高い訳ではありませんが、毎日使うには勇気のいるお値段です。
乾燥する時期の小じわ対策に、週に1度ほどの「スペシャルケア」には「あり」でしょう。

→資生堂 dプログラム マスクQQの詳細はこちら